就活の面接マナーとは?入室と退室のマナーを学ぼう

この記事は約3分で読めます。
たけし
たけし

もうすぐ就活の面接を控えているけど、

どのようなマナーがあるのだろう。

本記事はこのような方に最適です。
就活の面接マナーは誰かに教えてもらわないと分からないことが多いですよね。
この記事では、就活のときの面接マナーについて解説しています。
社会人になってからも使えるマナーなので、今から身に着けておきましょう。

受付

受付には10分前には着いておきましょう。会場に到着したら、名前と大学名、要件、誰に会いに来たのかを相手の目を見て簡潔に伝えましょう。到着したときから、面接は始まっているという意識を持って行動しましょう。万が一、電車の遅延があり遅れる場合は早めに担当者に連絡しましょう。

待機中

控室では静かに待機するようにしましょう。携帯電話を切、大声で話すことはないようにしましょう。エントリーシートを見直したり、自分の考えを整理したりすることに時間を使いましょう。

入室

入室の仕方にはルールがあります。
ドアを開けてから着席するまでの流れを一回として練習しましょう。

ドアを開ける

ドアを3回軽くロックしましょう。「どうぞお入りください」という声が聞こえたら、「失礼いたします」といってからドアを開けましょう。集団面接の場合はドアをロックする必要はありません。「失礼いたします」といって前の人に続いて入室しましょう。

ドアを閉める

部屋に入り次第、ドアの方を向いてドアを閉めましょう。集団面接の場合は、最後に入室した人がドアを閉めるようにしましょう。ドアがは手を添えて閉めるようにしましょう。両手を背後に回して閉めないように気をつけましょう。

面接官へのお辞儀

ドアを閉めたら、面接官の方を向いて30度のお辞儀をしましょう。お辞儀をする前に「宜しくお願いします」と言うのも良いです。

椅子の横に立つ

お辞儀の後、椅子の横に立ちます。大学名・名前を問われたら、大学名と学部、氏名を言いましょう。そして、45度のお辞儀をしましょう。視線は前を向いて姿勢を良くハキハキと話すことを心掛けましょう。

着席する

「どうぞお座りください」と言われたら、「失礼します」と言い、15度のお辞儀をして椅子に座りましょう。椅子に深く腰掛けない、背もたれにもたれないように座りましょう。あごを引いて背筋を伸ばしましょう。

お辞儀の角度

面接

簡潔にハキハキと話すことを心掛けましょう。かばんは椅子の横に置くか足元に置きましょう。
手は膝の上にのせ、相手の目を見ながら話しましょう。

退室

感謝を伝える

面接が終わったら「ありがとうございました」と感謝を伝えましょう。
その後、45度の深いお辞儀をしましょう。

ドアの前でもう一礼する

お辞儀をしたあとはドアの前まで歩き、面接官に向かって「失礼いたします」と言いましょう。
そして、30~45度のお辞儀をしてからドアを開けて退室します。

お辞儀の角度

まとめ

本記事では就活の面接でのマナーについて解説しました。マナーを身に着けることは、相手への思いやりに繋がります。マナーを身に着けて、面接でより良い自分を見せましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました